離婚慰謝料はどれくらいもらえるのか

離婚慰謝料の法的性質は、精神的損害をもたらした離婚原因を作出した配偶者に対する損害賠償請求です。精神的損害は被害を受けた側の認識に左右されるので、損害を金銭的にいくらに評価すれば妥当かは一概には判断できません。例えば、走行中停止車両に工法から衝突し被害者の車に修理が必要になった例では、修理代金や自動車の経年劣化を評価して客観的に損害を金銭にひきなおすことはさほど難しくはありません。しかし精神的損害は、つらい思いを強いられたレベルから、入院加療が必要な精神病に罹患したレベルまで実に多彩です。ただ、裁判や審判など現れた解決事例のデータの集積を通じて、離婚に伴う慰謝料に付いても相場的なものは形成されており、類型的事例をもとに平均的な賠償額を事前に知っておくことは可能です。

明確な基準が無い慰謝料の相場は?

離婚慰謝料は浮気やDVなどを原因に有責配偶者に請求することになります。慰謝料については典型的事例に応じてあらかたの額を予想することになります。離婚しないで婚姻を継続する場合もありますが、本稿では除外します。浮気が原因となって慰謝料を請求する場合の損害賠償の相場は、200-300万円程度に落ち着くと言われています。しかしこれは裁判にまで持ち込まれた場合の平均額です。裁判では個々の事情が異なるのでこの枠内に収まるとは限りません。DV事例では暴力の結果介助が必要な障害が残ったため高額な慰謝料が認められたケースもあります。話し合いで解決が付く場合もありますし、有責配偶者の社会的地位や収入が考慮されればもちろん別の観点から検討すべきことになります。あまりに高額な額で合意しても払われない可能性があります。支払い能力も観点に入れて妥当と思える額を提示することが通常です。

離婚慰謝料を増減させる要素とは

先ほどの相場額は浮気などの典型的な事例についての概算に過ぎません。慰謝料算定に於いては離婚に至った状況や関係者の離婚前後の行動、子供の有無や婚姻期間の長短など諸般の事情が考慮されて、個別事情に応じて具体的に慰謝料が算定されることになります。最後に慰謝料の増減要素の代表的な要素について検討していきましょう。婚姻期間が長いと増額される傾向にあります。離婚後社会に再出発する可能性が低くなるからです。被害者側、浮気された側の配偶者に落ち度があれば慰謝料は減額されることがあります。円満な夫婦関係の維持に冷淡であったことが有責配偶者の浮気行動を招いた側面が否定できないためです。離婚慰謝料の最終的算定においては、浮気行為の内容の詳細に踏み込んで算定する必要があります。いかりに任せて冷静さを欠く行動に奔れば後日後悔することになります。慰謝料請求の場面ではくれぐれも冷静に行動してください。

お子様のことに関しましても先々のことを考え最善を尽くしていきます。 離婚に対してお困りのあなたへ最後までしっかりと担当の離婚弁護士がお力添えさせて頂きます。 お問合せ:0120-272-585(土曜・日曜も相談可能) 24時間受付可能となっております。 少しでも離婚に対して知って頂けるよう当サイトに様々な知識と法律・離婚コラムを掲載させて頂いております。 離婚慰謝料について知っておこう