こんな場合の離婚慰謝料はどうなるか

離婚の際にはお互いの話し合いで慰謝料の金額が折り合わずに離婚調停も不調に終わった場合は民事裁判によって慰謝料の金額を争う事になります。離婚の理由として特に多い不倫は不当行為である為に慰謝料請求の正当な理由になります。相手側が不倫をしていたとしてもその慰謝料は一律で決まっている訳ではありません。その不倫の主導者がどちらであるかという事やその期間の長さも慰謝料の金額に影響が出ます。また不倫が行われる前から夫婦の仲が悪い場合より、不倫が始まってから夫婦の仲が悪くなったというケースの方が離婚慰謝料は増額されやすいです。民事裁判になった時に事実を立証して法廷でわかりやすく裁判官に出張していくのは素人には難しいので、弁護士を依頼した方がより良い結果が得られやすいです。

民事に強い弁護士に依頼するべき

離婚の際に相談するべき弁護士は民事の中でも離婚の示談交渉や離婚調停や裁判を専門に依頼を受けている法律事務所や弁護士の方が良いです。そのような弁護士は経験が豊富な為にそれぞれの依頼者にとってベストな方法で話を進めてくれますし、依頼者の相談に対して的確アドバイスをもらえるからです。離婚問題に強い弁護士や法律事務所をいくか探してまずは相談すると良いです。弁護士費用は法律事務所や弁護士によって異なるので、費用に関する事も事前に相談するべきです。後で高額な弁護費用を請求されない為にも相談した時に具体的な料金の目安を示してくれない法律事務所や弁護士は避けた方が無難です。料金だけでなく、相談内容に対して親身になって相談に乗ってくれる弁護士を選ぶ事も大切です。

相手にも離婚慰謝料を請求できる

不倫が原因で離婚する場合の離婚慰謝料は不倫をした自分の配偶者に対してだけ請求できるのではありません。自分の配偶者の不倫相手に対しても慰謝料請求は可能です。しかし配偶者の不倫相手がそれを不倫とは認識していなかった場合は慰謝料を請求する事はできません。不倫をしていた相手方から慰謝料を請求する時は相手がその事実を認めるか相手が不倫の事実を認識していながら行っていた事を立証しなくてはなりません。それを素人が行うのは難しいので、弁護士に相談してその請求の方法やその立証の仕方をアドバイスしてもらうと良いです。不倫の事実を知っていたかどうかは不倫の事実があったかどうかよりも立証するのが難しいですが、その証拠を示す事が裁判でできれば強制力のある判決を裁判所から出してもらう事ができます。